• 高田歯科医院
  • TEL 0742(41)5218
  • FAX 0742(47)4926
  • 休診日
  • 日祝日・木曜日
  • 〒631-0076
  • 奈良県奈良市富雄北
  • 1-3-5
  • キタタビル2F
  • 学園前・生駒周辺から
  • アクセス良好な便利な
  • 場所です!

予防歯科について 予防歯科の大切さ

予防歯科って?

みなさん予防歯科治療という言葉を耳にしたことはありますか?
「聞いたことはあるが内容までは…」という方がほとんどだと思います。
今まで歯医者さんは、歯が痛くなってから行くものでした。
しかし、虫歯になってから・歯を失ってからではもう手遅れなのです。
また歯周病によって溶かされた歯を支えている骨はなかなか元には戻りません。
そのため、最近では歯が悪くならないように予防していく事が重要になってきました。
定期検診により、今自分の歯と歯ぐきの状態がどうなっており、どういう事に注意するべきかを知る事は自分の歯を長持ちさせるためにはどうしても欠かせないものなのです。

歯周病について,歯が抜けるのは歳のせい?

予防歯科について お口の健康と全身の健康との関係

お口の健康は、全身の健康と非常に密接に関係しています。
お口の中の細菌は下記のような病気の原因となることがあります。

  • 動脈硬化・心筋梗塞
  • 糖尿病の悪化
  • 早産・低体重児
  • 肺炎・気管支炎など

その他にもさまざまな病気を引き起こす可能性があります。
さらには、顎関節症や睡眠時無呼吸症候群などとも関係しています。
お口の病気の予防は、全身の健康維持・増進のためにも非常に大切なことなのです。
お口の病気の主な原因は、お口の中の細菌によるものなので、お口の中を清潔に保つことが重要になってきます。
当院では、お口の健康のためにブラッシング指導に力を入れています。
お口のことで少しでも気になることがありましたら、当院へお気軽にご相談下さい。

予防歯科について PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

毎日の歯ブラシや自宅でのケアでは、しっかり磨いているつもりでも、どうしても歯ブラシの届かない所、汚れが溜まりやすい所が出来てしまいます。
また歯石などが一度付着すると普段の歯ブラシではなかなか取り除くのは難しいです。
この部分のクリーニングを歯科衛生士が専用の器具と特殊ペーストを使って、クリーニングを行います。
これがPMTCです。PMTCは虫歯予防や歯周病の予防改善、タバコのヤニなどの歯の着色を除去し、光沢のあるきれいな歯を保ち歯質の強化、また、口臭予防などにも効果があります。

当院ではホームケア(日々のブラッシング)とプロケア(定期的な健診)の両面から、みなさまにお口の健康を手に入れていただくお手伝いをしております。
予防歯科に取り組むことで、美しい笑顔・楽しい食事や会話を手に入れましょう!!

予防歯科について 50代からの予防歯科

あらためて健康について考える年代?

40代・50代と言えば健康に気を使われる方が多い年代だと思います。
突っ走ってきた20代・30代を過ぎ、少しづつ、身体の衰えを実感する年代なのでしょうか。
最近ではこの年代の方々のお口の健康に対する関心も少しづつ高まってきているように思います。
20代・30代の頃は仕事や家事に追われて、お口の健康に気を使ったり、治療のための時間が作れなかったりして歯医者さんに通えなかった方、口臭が気になりだした、または口臭を指摘された方など、多くの方が来院されます。

予防歯科について 再発や放置が一番怖い

実は、治療した虫歯や、歯周病が再発するのもこの年代の方が非常に多いのです。
一度治療した虫歯の補綴物(被せ物)も平均寿命は5~10年だと言われていますし、歯周病も一度治療しても、適切なブラッシングや定期的に検診を受けていないと再発する可能性は格段に高まります。
また、虫歯や歯周病を長年放置してしまい、取り返しのつかないくらいにその症状を悪化させてしまう方も、この年代には多く見られます。
永久歯は一度失ってしまうと、もう二度と生えてくることはありません。
物を食べるために大切な物は「強い歯と歯ぐき」です。
これらが病気だと、美味しく物を食べる事ができないだけでなく、全身にさまざまな影響を及ぼしてしまいます。
「自分はもう手遅れだ」と思われた方もいるかもしれません。しかし、決してそんなことはありません。
今からでもきちんとした治療をして、それによって健康になった歯と歯ぐきを維持していくことが大切なのです。
みなさん!予防歯科に定期的に通い、歯を健康に保つことで、充実した生活を送りましょう。

予防歯科について 80歳で20本以上の歯を残そう

満80歳で20本以上の歯を残そうとする運動が厚生労働省や日本歯科医師会により推進されていることはみなさんも聞いたことがあるかと思います。
20本以上の歯を持つ高齢者はそれ未満の人に比べ活動的で、寝たきりや老人性痴呆となることも少ないなど多くの報告がされているんですよ!
今からでも遅くはありません。30年後、より多くの自分の歯を残す為にしっかり予防に努めましょう!
QOL(生活の質)の向上はみなさまの努力の積み重ねによってもたらされるものです。
当院ではそのお手伝いができればと考えております。お口のお悩みをお持ちの方はお気軽にご相談下さい。